J's diary

日々の何気ないことを覚え書き ペットのこと・家族のこと・ガーデニング ホームティーチャー・ヘルスケアに関すること等

ペットロス3

 我が家にはこの7月19日で12歳になった愛犬がいる。
 
お父さんがラブのプルートお母さんはゴールデンのキティー

お父さん犬にはあったことはないけれどキティーの家で

12匹うまれた赤ちゃんの中から選んだのが我が家のライトだ。

レトリバー種ではあるけれど雑種なのです。色は黒。

私Junokのところの写真がライト(数年前)だ。

Mix犬だけあり丈夫で獣医さんのお世話になった事も

ほとんどない。 12年で予防接種やフィラリアその他の薬

をもらいに1年に1度健診してもらうほかは

石を食べて具合が悪くなった時(石を食べる犬って幼稚なんだそうだ)

とあとは足を痛がり老化の一種だろうが関節炎でお薬をもらった2回だけ。

 でも大型犬の寿命は中小型犬に比べると一般的に短いし

大きさによって犬年齢の数え方も変わってくるようだから

今のライトは人間でいうと80歳ぐらい・・らしい。

 ここのところいろいろなところに特に顔頭周辺におできのような

ものが出来やすく、先日お腹をなでていたらウズラの卵大の

できもの(腫瘍)を発見してしてしまった。 脂肪の塊かもしれないし

良性か悪性かわからないけれど腫瘍には違いない。

獣医さんに診せに行こうか・・とも思ったけれど

そのぐりぐりを触っても別に痛くもないようだし

ライト自身はいつもと変わりないので 様子をみることにした。

癌かもしれない・・が 主人がお腹を切って手術するのは

犬なんだからやめよう・・と 運悪くそれが悪いものだったら

それもライトの寿命だと思おうと言われ私も納得した。

 ただ最初ライトが家に来たいきさつは よくある話だけれど 

小学生だった娘がどうしても犬が欲しいと言い 主人が

飼ってもいいよといったので 私が駅前の銀行の掲示板にでていた

ラブの子供あげます。の張り紙をみてそのお宅に見に行ったのが

きっかけなのです。 その後もよくある話で子供たちは最初は

うれしくて散歩にもつれていったりしたのですが今では

毎朝私が5時半〜6時台に散歩に連れて行ってます。

そして私に一番なついています。 年寄りが犬嫌いなので

外で飼っています。なので室内で飼っているのと違って

家の場合は歴然として犬として扱っていますが

12年という長年家族の一員として考えてきたペットは

やはり亡くなるとぽっかり穴があいたように寂しいだろうなあと

想像できます。

 ライトもいい歳だし ペットロスは避けられないから

次に飼う犬を考えておいたほうがいいよ〜と主人は言うけれど

なんとなく次の犬のことはあまり考えたくない私です。

南の国の島々 隣の国の島3

 娘は8月24日〜4日間と短い夏休みでセブ島に遊びに行った

女友達二人でツアーに参加したのであまり心配はしなかったが

海がきれいなセブ島はgolfとdivingのリゾートアイランドだそう。

ホテルは結構ゴージャスだったようで若い娘達は感激したようだ。

従業員はみなfriendlyで特に男の人たちは親切だったそう・・あたりまえ!

 私の友達の中に9月に娘と二人で海外に遊びに行くときいたのが二組いる。

一人はグアムそしてもう一人は韓国の済州島だ。

 娘を持っていると一緒に旅行にいけるというのは楽だし楽しい。

娘を持った特権かも・・

 まあ女友達と行くほうが私はもっと楽しい気がするけれど・・

 セブ島でもホテルやゴルフ場プライベートビーチなどはとても美しい

そうだが、5月にご主人がgolfでセブ島に行かれた友達がいるが

ご主人は優しい人なのでしょう・・ひとたび周りをみれば貧しい子供たちが

いっぱいいるのに自分たちはgolf三昧・・・その落差に心が痛かったそう

 また娘が言うには セブ島って男の人が朝から ストリートバスケットを

やっていて 夜遅くまでやっているんだと・・だからきっと職がないんでしょう。

女の人達は働き者・・フィリピン女性のお手伝いさんは香港でもアラブ産油国

でも多くいるし 国の経済は彼女達の送金によって成り立っている部分も

あるというから・・

 フィリピンの光と影 そして働き者の女と職のない男の国フィリピン

愛か金か? もしくは 愛情か安定か?4

「コレラの時代の愛」見てまいりました。

一緒に見た友人は2時間〜映画を見るためにじっと座っていることが

きつい(時間がもったいない)ということを知らずに

こんな重い映画に誘ってしまって申し訳なかったです。

まあランチなどその後楽しくしゃべりまくったからいいけれど・・

 なかなかコメントし難い映画かも・・・

女好きの主人公フロレンティーノ・アリーサは寝た女の人数を

日記に書きとめるような女にだらしない男

でもそれは初めてみそめた女性フェルミーナの愛を

得られなかったが故のなせるわざ・・自分では暇つぶしとも言っている。

しかしそれは彼の叔父が言うように父親譲りの単なる女好きに他ならない。

 そして安定性stability(金持ち)をとったフェルミーナは

50年たちコレラの第一人者の医者である夫フラベルが亡くなったその

葬式のすぐ後に フロレンティーノから「ず〜っとあなたを愛していた」と

非常識な告白を受ける。当然フェルミーナからはget out of here , now

と激しく抗議した。

 結局 love より stabilityを選んだ フェルミーナの

生活は子供にも恵まれ裕福な暮らしだったが 長い結婚生活の中では

時には夫の浮気やその他喧嘩も多かったとフロレンティーノに告白し

・・最終的にはフロレンティーノは自分の望みを

50年以上の歳月を経て遂げる・・

フェルミーナもまだ初々しい娘時代

はじめて心を動かされたフロレンティーノとの愛を

どこかで求めていたのかもしれない。



 でも・・でもやっぱりフェルミーナ・ダーサは姿もいい男らしい医者

フラベルと結婚してウルヴィーノ夫人になってよかったと思うし、

叔父から海運会社を譲り受け最終的には金持ちになったけれど

フロレンティーノはやっぱり女あさりをする人生を送るのが

彼らしい生き方だったのでは・・と思う。

フェルミーナと若くして一緒になれたとしても 女好きはきっと

直らなかっただろう・・そして悲惨な結婚生活になったと想像できる。


 愛か金か? 愛情か安定か? 時代を超え永遠のテーマではあるが

やはり どちらか一方では結局破綻するにちがいない。
記事検索
楽天市場
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ