記事検索
楽天市場
May 12, 201009:32ごめんね!チャーリーpart 2
BlogPaint


↑の写真は伊東に戻る途中の 車中でのチャーリーです。

 ブリーダーさんが犬舎を持っているのは伊東といっても

正確にいうとみかんで有名な宇佐美(今の時期ニューサマーオレンジを

スタンドで売っていました。)にあります。

 8日の土曜日 前日はウィークデーで運転してくれる主人はいつものように

帰りが遅く 出発は朝10時半を過ぎていました。 5日までの連休の後の

土曜日ということで 下りもさほど混まないと思い 

関越〜外環〜首都高〜東名と最大限有料道路を使いました。

チャーリーが車酔いしないように気をつけて運転してもらいましたが

市街走行するときよりも高速道路の走行のほうがスムーズで

チャーリーも安心していたように思えました。 

でも私も主人も気持ちは複雑で 当然のことながら

あまり話もはずみませんでした。 チャ−リ−の柔らかな毛をなでながら

もうこのチャーリーをなでてやることも 可愛い目を見ることも

姿も見ることもできないんだ・・と思うと何ともいえない気持ちなりました。

主人は「チャーリーは1週間とはいえ家に来てしあわせだったんだよ」と

言ってくれましたが・・本人も自分にそう言い聞かせていたのでしょう。

 そして意外に早く宇佐美まで到着することができました。

途中で2時ごろ到着するとブリーダーさんに連絡してあったので

犬舎に到着すると駐車場でさっそく持ってこられたキャリーバッグに

チャ−リ−をいれさっさと犬舎の中に運んで行き、

代金を返却してもらい挨拶してあっさりと別れました。

それが ブリーダーさんのやさしさでもあるんだな〜と思いました。

 私達もその場を早く離れたかったのですぐ引き返し途中海岸135号線沿いの

回転寿司屋さん(私の大好きないわしやあじなど近海魚が美味しかった)

で遅いお昼をとり、帰路につきました。 渋滞などであまり遅くなったら

どこかのビジネスホテルででも泊まらなきゃいけないかと思っていたので

多少の渋滞はありましたが全体的にはスムーズに帰ってくることができ

よかったです。

 家に入るとチャーリーがいたそのままだったので、子犬関係のものは

片づけてチャーリーをあまり思い出さなくてよいようにしました。

 その日は何となく過ぎたのですが、その夜も夜更かししていた主人は

無理だけれど 翌日曜日 なんとなくパ〜っとしたくてコメディーも入った

映画「のだめカンタービレ後篇」を午前中に一人で見に行きました。

主人のポイントがたまっていたのでそのポイントで0円で見たのですが・・・

 そんなふうに自分なりにチャ−リ−を忘れようとしているのかな〜

私達をなごませ楽しい気持ちにさせてくれた可愛いチャーリーありがとう!

 ブリーダーさんによるとその後チャーリーはキャバリエを2匹飼っている

お宅にいくそうです。(キャバリエの一匹は心雑音があったけど

今のところ大丈夫だそうで、その方がチャ−リ−の詳しい検査もする

とのことでした・・英国ゴールデンは貴重だから心雑音があっても

よいということなんでしょうか?)

 そのお宅でチャーリーが幸せな生活を送っていることを祈っています。

ごめんねチャーリー、そして幸せな時間をありがとう、チャーリー


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ジュディママ   May 13, 2010 23:07
5 一時でも一緒に過ごしてしまうと、どうするか相当悩んだことでしょう、辛い決断でしたね

途中まで読んでいて、戻されたチャーリー君のこれからがとても心配になってしまったのですが、
ちゃんと里親さんが見つかったようで、ホッと胸をなでおろしました。

チャーリー君、新しいで、幸せにくらしていって欲しいですね。
2. Posted by Junok   May 14, 2010 10:35
5 ジュディママさんへ

コメントありがとうございます

今もふと「チャーリーはどうしてるかなあ?元気にしているかなあ?」と思います。
「チャーリー、家の子にしてあげられなくて
ごめん。」と心の中で謝っています。
そして、心から
チャ−リ−が幸せに暮らしている事を祈ってます。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字