記事検索
楽天市場
September 21, 201013:00不思議な言葉
昨日は敬老の日だったけど

家には今年81歳の父。名古屋には84歳の義父と82歳の義母がいる。

私の母(義母)は時々不思議な言葉を使う。

11月で82歳になる彼女は

美容院のことを髪結いさんと言う。 江戸時代みたい・・・

夏の袖なしの簡単服(家で着るノースリーブのワンピース)を腕キリと言う。

     アッパッパーと私の子供の頃も言っていたけど(これも変)

言葉ではないけれど

結婚した当時・・お勝手で母を手伝っていた頃

洗いゴマをゴマ煎り器に入れてコンロにかけて煎っていた。

確かにこのゴマは美味しかったなあ〜

今では母のお台所コンロはIHになってしまったから

ゴマも煎れないんじゃないかなあ

大正終わる頃〜昭和3,4年生まれの3人の事を思うと

戦争で日本が焦土と化した時(母は家族で満州にいた時)から

IT時代の今日まで隔世の感があるだろうと思う。

高度成長時代〜バブル〜失われた10年〜そして世界が本当に小さくなった今日まで

〜どんな気持ちで過ごしてきたのかなあ?


トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字