記事検索
楽天市場
October 08, 201319:17ちひろに会いに・・・
ちょっと暑いけどいい天気・・・とりたてて予定無し

なんとなく疲れた時行きたくなる・・・ちひろ美術館

行きたくて、行こう!と行ってきました。

住宅地に建つパッと見ると美術館とはわからないちひろ美術館エントランス↓

IMG_1010



ちひろ美術館の中庭↓

IMG_1009


今の時期、ちひろ美術館の展示は

ちひろ関係の方は自作の絵本の絵の他に 

童話や昔話の挿絵の形の絵本が多かった

あとは 戦争下の子供たちなど

企画展のほうは「ろくべえまってろよ」などで有名な 

長 新太展 私は子供に読んであげていた絵本「きゃべつくん」が印象的

長 新太の絵はいわゆるヘタウマ的な特徴的ある絵 好き嫌いは

あるかもしれないけれどインパクトあるよな〜

ランチを美術館の中で軽くすませて 所沢にもどり

Halloween関係のこまごましたものも買いたくて・・・

デパート内のLoftや無印を見る。 ライオンズ感謝セールをしており

本当は秋服なども見ようとも思ったが 小〇〇駅近のスーパ‐に置いた

車の駐車料金が気になり 「北海道物産展」で美味しそうなものを2、3買い

急いで切り上げて 2駅もどる。 駐車したスーパーでも食品を買うが

無料になる2時間はトウに過ぎていてかなり駐車料金をとられちゃった。

今日は寒露にもかかわらず本当に暑〜い一日だった。 

台風が日本海側をこれから通過していくようだ・・・明日は雨かもなあ。

 ちひろ美術館へ行くとなんとなくちょっと優しい気持ちになれる。

一番好きなのがちひろのアトリエを再現している展示

毎回じ〜っと見入ってしまう。

はたちで親の言われるまま結婚して夫の自殺で

家へもどる。(夫の自殺の理由をはじめて知りショックだった)

そして絵の道へ入っていき、軍人であった父親への反発からか

共産党へ入党し、 若いコミュニストだった松本善明と結婚

書道や日本画の師につき そしてこどもを描く絵本画家として花開く

55歳という若さで病で亡くなる。

 自分の母が56歳で同じ病で亡くなっているので なんとなく親近感を

覚える。 良家のお嬢さんで スポーツも万能 何よりも絵が好きだった

ちひろ・・・・こどもを描かせたら右にでるものが無いと言われる。

やさしさと強さを持った女性だが 彼女の内面はいろいろな矛盾が

渦巻いていたのではないかと思う。

今日ミュージアムショプで買ったのは↓ 

ちひろ美術館ミュージアムショップ1


暑かったけれどやっぱり 行ってよかった ちひろ美術館

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字