N〇Kで朝の連続小説はクドカンさん脚本の「あまちゃん」が

あまちゃんロスをおこすぐらい人気だったし それに続き杏ちゃんの
 
「ごちそうさん」もなかなか人気のようです。

 ここのところN〇Kの日曜夜の大河ドラマは福山さんの竜馬の時をのぞいて

見続けるものが無い私なのです。

今回の「八重の桜」は 出身校の関係もありすご〜く期待していたのだけど

最初は幕末の戦争の場面が多くて好きになれなくて

結局見続けることができませんでした。 でも お友達のユーフォリアさんに

何で見てないの? これから学校をつくるっていいところなのにと言われて

2か月くらい前からまた見始めたのです。

 オダギリ・ジョーが襄をやってくれてよかったなあと思います。 

もちろん綾瀬はるかの八重さんもいい感じ・・・・でも八重の事って

ぜんぜん知らなかった。 徳富蘆花からいわくあって嫌われていたから

というのもその一因らしいのですが・・・・まあそんなことはどうでもいいや

 新島襄が身を削って学校を創設したというのが素晴らしい・・

私は付属中高からの学生ではなく外様なので同志社精神というものも

それほどわかっていないと思うのだけれど・・・ただ混声合唱団に属していたので

College Songは何百回と歌った(と思う)し クリスマスには讃美歌を歌い

創立記念日には「庭上の一寒梅」を記念館で歌うことができました。

オール同志社のヘンデルのメサイアは学生時代は歌う事は出来なかったけれど

関東に来てからOBOGの合唱団で2回歌う事ができました。 

特に2回目は感動しました。

ちなみに 最初のメサイアを歌った時はまだ洗足の院を出たばかりの米良美一さんが

メゾソプラノのソリスだったのもいい思い出です。

 Doshiha College Song

御所での一回生のフレッシュ練習 最初にカレッジソングを習います。

オールドの先輩方から 意味をよく考えてと言われたけれど

あんまり深く考えることもなく 歌詞を覚え音程を間違えずに歌うだけだったなあ・・・

1番と4番を歌うならいだったので あらためて1番4番の歌詞を書いてみると

 One purpose, Doshisha , thy name
Doth signigy ; one lofty aim:
To train thy sons in heart and hand
To live for God and Native Land
Dear Alma Mater, sons of thine
Shall be as branches to the vine;
Tho' through the world we wander far and wide,
Still in our hearts thy precepts shall abide!

私はキリスト教信者ではないので for God は馴染まないのだけれど

やはり志高く 創設した信条が 高らかと謳われています。

 Still broader than our land of birth,
We've learned the oneness of our Earth;
Still higher than self-love we find
The love and service of mankind,
Dear Alma Mater, sons of thine
Would strive to live the life divine;
That we may with increasing years have stood
For God, for Doshisha, and Brotherfood!

( 一部 old English の部分あり
 you-your-you-yours が thou-thy-thee-thine だったはず・・)

日曜夜の大河ドラマも私的には楽しくなってきた今日この頃です。