記事検索
楽天市場
February 25, 201400:13まだ色々引きずって…
ソチ五輪が終わり、主に浅田真央ちゃんの

フリーの余韻に浸っています。

SPの思わぬ失敗を立て直すのに、

周囲の支えや彼女の精神力だけでなく

きっとラフマニノフのピアノ協奏曲

第2番の曲の強さが後押ししてくれた

ような気がします。

バンクーバーのフリーもラフマニノフ

の鐘だったけれど、あの余りにも

荘厳な鐘の音はちょっと4年前の

真央ちゃんには向いてなかったかも

しれませんが、今回のピアノ協奏曲第2

ははじまりの重々しさはラフマニノフ

らしくて似ているけれどやはり

曲の強さが彼女の演技を後押し

してくれたと思います。

もう一つの引きずりはのだめ

カンタービレです。ドラマを当時

ちゃんと見てなかったので

見られる回だけ見たのですが、

楽しくていいなあ〜

発見したのは のだめがコンクールで

ファイナルに進んだ時の会場

ホールは所沢MUSEのアークホールで

終わった後会場を出てきた

階段の部分はマーキーホールの所を

使っていたなを発見しました。

別にどうって事ないけど、地元での

ロケって嬉しいものです。

航空公園も背景に映っていたし…

あと、千秋のお母さん役に

アラフォーモデルの黒田知永子さんが

演じてらした事です。

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ユーフォリア   February 27, 2014 07:23
5 ラフマニノフのピアノ協奏曲が真央ちゃんを鼓舞したという印象が確かにありましたよね。
SPの演技があまりにも別人の様で、ショパンのノクターン二番はしばらく弾きたくないくらいですが、
そのかわりノクターンの八番が今大好きで毎日聴いています。
先日オペラシティの横山幸雄のアフタヌーンコンサートでベートーベン、ショパン、シューマン、リストの演奏の後アンコールの二曲目にノクターンの八番を弾いてくれて、あまりの偶然に驚き、本当に幸せでした
2. Posted by junok ユリママ   March 03, 2014 10:25
5 ユーフォリア様

コメントありがとうございます。
😞ごめんなさい。ずっと
自分のブログ確認せずにいました。

横山幸雄さんの19歳でショパン
コンクールど1位無しの3位を取った
ドキュメンタリー?をyoutubeで
見ました。研鑽をつまれ熟成した
今があるんですね。
若くして世界的コンクールで入賞
する方でも進化し続ける人と
そうでない人といるんだなあと
思いました。それも人間か〜

羽生君も19歳でゴールドメダル獲得。
これからも進化し続けてくれると
いいなあ〜👑

コメントする

名前
 
  絵文字