記事検索
楽天市場
December 30, 201612:59充実した年の瀬のある1日
image


2016年も暮れようとしています。

27日に今年度最後のお出かけをしました。

まず、第1の目的はピアノリサイタル

を聴きに行く為。18歳、新進気鋭の

ピアニスト、ダニエル・ハリトーノフ

1部がリスト、2部がショパン

多少荒い所はあったにせよ、怖いもの

なしの若者、素晴らしいテクニック、

みずみずしく疲れるところのない

演奏で圧倒されました。

特にリストのハンガリー狂詩曲第2番

嬰ハ短調は凄いの一言。

掘り出し物のコンサートという感じ

彼は天才?まだ18歳です。

場所は上野の東京文化会館だったので

ランチを駅ナカのお店でタコ飯を食べ

ました。

コンサートまで少し時間があったので

師走のアメヤ横町を冷やかしたくて

お友達と一緒にカニ🦀やマグロを

見ながらブラブラしてきました。

お友達が欲しくて探していたファーの

ストールを見つけ良いお買い物が

できました。

コンサートは4時には終了したので

ちょうど横にある国立西洋美術館

(ル・コルビジュエで建物が世界遺産)

でやっているクラーナハ展が年内

最終日で、見ると人も並んでいなかった

のですんなり入ることができました。

image


お友達もBSの特集を見ていて見たかった

と言われたのでよかったです。

ちょっとグロテスクな絵も有名ですが

なかなか面白かったです。

クラーナハ展を見てお茶して帰途に

着きました。充実した1日でした。

image


トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字