IMG_6560

メジロが庭にやってくる。 また、

ヒヨドリも自分の縄張りエリアにしている。

西側に何本か生えている南天、12月には

赤い実を沢山付けていたのに、年明けて

昨日見たら一つ残らずヒヨドリ(おそらく)

に食べられなくなっていた。

 鳥が南天の実を食べても平気なのかなと

気になったけれど、南天の実はのど飴の

成分としても使われるそうなので

大丈夫のようだ。

 寒い冬、鳥にとって生きていくには

赤い実等を食べないとダメなんだろう。

調べると赤い実でも千両→南天→ピラカンサ

の順に食べるようだ。

娘時代の家にはピラカンサがあった。

びっくりするくらい赤い実をつけていた。

千両はお正月花にはつきものけれど

植栽には記憶がない。

暖かい地域に生育するそうだ。

 ヒヨドリは南天の実も食べれるし

頑強な感じ、メジロ達にミカンを

あげたくて ネットで調べたこんな形の

餌やりを作って庭木に吊るした。

IMG_6546

その後メジロはヒヨドリ等の鳥には

警戒するけれど、意外に警戒心の薄い

小鳥だということがわかる。

それが一番上のウッドデッキ上のテーブル

にミカンを置いたら結構長いこと

つついていた。メジロは2羽、ヒヨドリは

一羽来ている。

小鳥達(野鳥)はこの寒い中どこで寝るのか

気になる。どうやらきちんと食べてさえ

いれば身を寄せ合って風を避けて

夜も過ごすようだ。

そして朝も早起きで食べ物を探すそう。

 南天の実を守るには防虫ネットを

張るしかないかもしれない。でも寒い冬

食べ物もそんなにない中、南天の実は

鳥達にあげてもいいかなと思う。

 ブルーベリー 🫐の実は鳥達から

守る為ネットをかけたけど、、