映画の「マンマ・ミーヤ」見てきました。

以前見たミュージカル(劇団○季)での「マンマ・ミーヤ」は

オリジナルを忠実に再現していて楽しかったです。

最後スタンディングで Dancing Queenを一緒に踊れたのが楽しかった・・

 対して映画は映像の強みを生かしギリシャの青い海、島の白い建物など

景色が美しく なんといってもドナ役のメリル・ストリープの魅力に

ひかれました・・・

 いったいあの大御所?メリルがどう歌い、どう踊るのかに

興味があったのだけど、踊りはともかくも歌はすごくよかった〜

以前から映画で歌ってもいたそうだし、10歳?ごろ〜オペラの練習も

していたそうで歌える女優であるのは確か

歌の上手さは専門的に完璧というよりは、

彼女自身の人間性の魅力で聴かせるという感じで

娘の結婚式のため、島の丘の上にある教会へ急勾配の道を

上っていく時に歌われた歌が特に感動的だった〜impressed



 それに較べて相手役ボンドもやったピアーズ・ブロスナンは

相変わらず若々しくかっこよかったが・・人間的魅力で引き込まれるか

という点ではやはり物足りなかった(歌も踊りも上手いけど)

・・やっぱメリルに較べちゃだめか〜

・・先生っぽい役や プラダを着た・・・のヴォーグ編集長役や

めぐりあう時間〜の複雑な役や そのほか私の知らないたくさんの

メリルは 「生れながらの女優」で 本当になんでもこなせるんだな〜と

あらためてその素晴らしさ偉大さを知ったのでした。

 メリル次回作はとっても暗〜い映画?に出るそうですね・・・


それにしても70年代のあの明る〜いサウンドABBA曲満載のミュージカル映画

今の閉塞した世の中を一時忘れさせてくれること請け合い・・です。