J's diary

日々の何気ないことを覚え書き ペットのこと・家族のこと・ガーデニング ホームティーチャー・ヘルスケアに関すること等

August 2018

IMG_2499
IMG_2497

続きを読む

    遅いお盆?で娘一家が遊びに来た。

4歳になったばかりのなっち。

もうアンパンマンは見ないという。

昔のセーラームーンの実写版のような

女の子達が出てくるミラクルチューンズが

大好き❤だ。

   いつの世も変わらないんだなあ〜

最初、チャッピチャッピの歌が歌いんだけど、

と言うんだけど、

家には「アレクサ、〇〇して」というのは

無いよとアップルミュージックで探して

それがCatch  me ,catch  meだと分かって

なるほどと合点がいった。そうか

Catch  Me!が

なっちにはそういう風に聞こえるんだね。

一生懸命歌って、振りもつけて微笑ましい。

女の子だなあ、、「お願いがあるんだけど

〇〇してくれない?」頼むのも上手に

なってきてびっくり。さらにこれは

ママの言い方のマネだと知り、、あんぐり。


   ちひろ生誕100年を祝して今、東京駅の

ステーションギャラリーで  

「いわさきちひろ絵描きです。」展

を開催しています。  暑いのでそちらまで

行くのは遠慮して、西武新宿線の上井草駅

にある  ちひろ美術館に行ってきました。
IMG_2483


数年に一度は行っているのですが

ここのところ伺ってなかったので。

お盆の中日、敗戦記念日8月15日

こういう時期に行ったことは

無かったなあ。団体客はいないけれど

意外に子供連れのお母さん達、年配の方々

など、私のようにふらっとひとりで

きている女の人も見受けられました。

私はここに来るとホッとするんです。

あそび展として

インスタレーションをやっていました。

その一つ

IMG_2481

絵の具やパレット等  物に触ると

上のように色々な色や形が現れるのです。

ちひろの絵の子供が現れたりおもしろいの

です。

   また、絵本「ぽちのきたうみ」「となりに

きたこ」をモチーフにした木で作られた

遊び場が作られていて、子供達がくぐったり

登ったりして遊べるようになっていました。

IMG_2476
IMG_2478


そして、いわさきちひろの描く

夏の子供達の絵を楽しんできました。IMG_20180815_152353


僕が生まれた時、

空の高さに憧れて

空の青さに恋をして

大きくなろうと思ったんだ。

大地の水と栄養をもらって

僕はひとりで育ってきた。

大きくなりたくて頑張ってきたんだ。

踏まれても、踏まれても

根っこを伸ばし、茎を伸ばし

葉っぱに陽を浴びて

この世界の一員になろうと

懸命に耐えてきたんだ。

なのに大きくなればなるほど

嫌がられる。

草取り、草むしりの洗礼を受けた。

ただ僕はひそかに根を深くのばし

生きのびる術を知ったんだ。

せめてタンポポに生まれれば

春には花をつけられたかもしれない。

せめてクローバーに生まれれば

四つ葉🍀を探す遊びにつきあえたかもしれない

カッコいいミントなんかに生まれれば

アイスクリームの横にちょこんとおよばれ

したかもしれない。

爽やかな飲み物に浮かんでいたかもしれない。

だけど、だけど、僕は名もない雑草で

母から名前を教わったかもしれないが

懸命に生きるのに名前は何の意味ももたず

ついには自分の名前も忘れてしまった。

暑い日には草取りもお休みか、、

早朝や夕方が恐ろしい。

ただ僕は一生懸命生きているだけなのに

大きくなろうとしているだけなのに、

僕が立派に育った姿を見て

ここの家の人は苦々しい顔をして

僕たちを見る。

あ〜もっと長く楽しく生きていたいのに、、

YouTube等で

ピアノ🎹の弾き方を見ていると

明らかに手のかたちが変わって

きていると思う。

私がピアノを習い始めた頃 は

手の形は 卵を握った時のように

丸くするというのが

当時の常識だったように思う。

中村紘子さんの手のかたちは

それだと思う。

   それがどうだろう例えば辻井伸行さん 
 
の手の形は平べったい。そんなに

丸くしなくていいって事のようだ。

   常識も変わっていくのか、

運動中水飲んだらいけないと言われた

時代も確かにあったように。

このページのトップヘ