J's diary

日々の何気ないことを覚え書き ペットのこと・家族のこと・ガーデニング ホームティーチャー・ヘルスケアに関すること等

September 2018

木々の愉しみ

夏の花木、家の周りの住宅地では

ピンクや白の百日紅や

白系の花が多いか?ムクゲばかり

花自体はそれぞれきれいだけれど

どうも樹形が二つとも好きになれない。

前にも書いたかもしれないけど、、、

百日紅の白バナはきれいだなあと思うも

ひねったような幹、どうも樹形が

定まらない感じ。

ムクゲの方は八手の葉のようなもの樹形。

  木化した草の類いのよう。

さあ、秋になると

夏の間、やすんでいた薔薇も

秋バラが楽しめるものもあるし、

実をつけるものもあったり

広葉樹の緑の木々も秋深くなると紅葉🍁

したりで  花ではないけれど美しい。

常緑樹ではないと落葉してしまうけど

冬になれば 、椿やさざんかが楽しめる。

春は芽吹きがきれいだが、夏過ぎて

秋、冬と木々の変化が楽しみだ。

水色のワルツ

9月半ばの音楽隊慰問で私が歌うのが

昭和25年 二葉百合子の代表作ともいえる

水色のワルツ。

私が歌を習っているカルチャースタジオ

メヌエットでは春と秋に老人介護施設などに

慰問コンサートに出かけます。

春は唱歌、童謡。秋は昔の歌謡曲と決まって

います。

ホームにいらっしゃる人達の年齢を考え

昭和歌謡でもかなり昔のものを歌う事に

なります。歌う私達は知らない曲ばかり。

   水色のワルツですが先に曲ができ後から

詞がついたもので、高木東六作曲で美しい

メロディーです。

   高木東六は歌謡曲が嫌いでファ、シ抜きの

歌謡曲(例えば昭和23年の憧れのハワイ航路)

を馬鹿にしていたそうです。

   ただ歌謡曲など簡単に書けると

水色のワルツの曲を作曲したそうですが、、

  あにはからんや

水色のワルツの大ヒットで晩年、一番

著作権料が入ったのは「水色のワルツ」からで

こんなことなら「もっと歌謡曲を書くんだった

。」と後悔したそうです。

人生どうなるかわからないものですね。

9月1日  防災の日

近頃あちらこちらで水害など災害が多いので

めずらしく自分では今日の地域の防災訓練に

参加する予定だった。
 
   それなのに昨日の疲れがでたのか、昨夜

宵っ張りだったからか  8時30分公園集合に

間に合わず、仕方なく自分で防災グッズの

点検やら保存食品の入れ替えやらをやった。

IMG_2507

単三乾電池を補充したり、保存食品

足らないものは注文したり買いに行ったり

当座の備えをした。

これらが必要になる日が無いように

祈るだけだ。
記事検索
楽天市場
プロフィール

Junok

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ