記事検索
楽天市場
August 31, 200917:42Positive thinking は 万能なの?
どんな時にも

どんなつらい時も

そのつらい状況すらポジティブに考える

ポジティブに考えることができる 考えようとする 

そこから新しい何かが生まれる 

そして良い方向につながっていく・・・と言われている。

 私はそのPositive thinkingが結構苦手だったりする。

けしてNegative thinking オンリーというわけではないのだけれど

どちらかというと 私はNegative だと思う。

 確かに何もかも否定的に考えるのは決していい事ではないけれど

でも何でもかんでも Positive ,positiveと言われると

なんだか私はついていけない。

「・・・・・でも頑張ってやってみよう。」と思うのが精一杯かな〜

 さて 少し前から話題の勝間和代さんの見事なPositiveな

指南書を読むと、すごいな〜と思うけどついていけない。

 「自分はなんなんだろう〜 さしたる資格や特技といったものもなく、

結婚して子供二人は育ったけれど すご〜く努力して何かをやってきた

わけでもないしさして誇れるものもないしな〜 これからなんとか

夫や家族らと生きていけたらいいんだけど はたして老後安心して

やっていけるのかしら・・・?」

 私の日常生活といえば 賽の河原のようなもの 同じ事の繰り返し

ささやかな楽しみを心の支えに 心に響くものに感動し

つらいことや悲しいことがあった時は慰められたり、元気づけたり、

じっと耐えたり、文句を言ったり(ランチでおしゃべりして気分転換もするし

時には飲み会で飲んで食べておしゃべりしてうさばらし)

勝間さんのように効率的な節制した見事なpositive生活とは正反対。

 そんな時 本の帯「普通の生活が最大の幸福」・・勝間和代をめざさない・・

「しがみつかない生き方」というタイトルの精神科医 香山リカさんの著書

を読んでみた。
 
 勝間さんの本からは得るものはあるけれど この本は論理的でないし

読めばほっとするけれど何も生まれない という口コミなどもあったけれど

やっぱり私にはこちらの本のほうがしっくりきた。

 「私がこれができます。 こんなにすごいんです。」的

120%自己アピールは就活だけでいいんじゃない〜。と私は思う。

 本当に普通の生活ができれば幸せだとつくづく思う。 

普通ってのが素晴らしいことなんだから・・・

 勝間さんの私生活(3人のお嬢さんを育てていらっしゃる)って

どんな生活なのかな〜とふと思いました。

 昨日(8月30日)の総選挙は民主党の圧勝で 政権交代が実現する

歴史的選挙だったわけだけれど、さあこれから 日本に住む人がみな 

普通に幸せに暮らせるようになればいいんですけど・・ね



トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字