J's diary

日々の何気ないことを覚え書き ペットのこと・家族のこと・ガーデニング ホームティーチャー・ヘルスケアに関すること等

カテゴリ: ガーデニング

5
IMG_3151


日中風がないと暖かい日がでてきました。

春の花苗を買ってきて寄せ植えしました。

対称になるように植えてみました。

真ん中は昨年末作った寄せ植え、

ネメシア 濃ピンク  とクリーム、

ビオラ  バイカラー、シルバーレースです。

IMG_3170
左右の鉢は

ネメシア白、ラナンキュラス  スプリンクル

〜ピンクバイカラー〜、プリムラ  プリムネーシ

ョン  八重咲、スイートアリッサム 白。

春が来た!感じです。

イースターには早いけど、ウサギもいます。

夏の花木、家の周りの住宅地では

ピンクや白の百日紅や

白系の花が多いか?ムクゲばかり

花自体はそれぞれきれいだけれど

どうも樹形が二つとも好きになれない。

前にも書いたかもしれないけど、、、

百日紅の白バナはきれいだなあと思うも

ひねったような幹、どうも樹形が

定まらない感じ。

ムクゲの方は八手の葉のようなもの樹形。

  木化した草の類いのよう。

さあ、秋になると

夏の間、やすんでいた薔薇も

秋バラが楽しめるものもあるし、

実をつけるものもあったり

広葉樹の緑の木々も秋深くなると紅葉🍁

したりで  花ではないけれど美しい。

常緑樹ではないと落葉してしまうけど

冬になれば 、椿やさざんかが楽しめる。

春は芽吹きがきれいだが、夏過ぎて

秋、冬と木々の変化が楽しみだ。

僕が生まれた時、

空の高さに憧れて

空の青さに恋をして

大きくなろうと思ったんだ。

大地の水と栄養をもらって

僕はひとりで育ってきた。

大きくなりたくて頑張ってきたんだ。

踏まれても、踏まれても

根っこを伸ばし、茎を伸ばし

葉っぱに陽を浴びて

この世界の一員になろうと

懸命に耐えてきたんだ。

なのに大きくなればなるほど

嫌がられる。

草取り、草むしりの洗礼を受けた。

ただ僕はひそかに根を深くのばし

生きのびる術を知ったんだ。

せめてタンポポに生まれれば

春には花をつけられたかもしれない。

せめてクローバーに生まれれば

四つ葉🍀を探す遊びにつきあえたかもしれない

カッコいいミントなんかに生まれれば

アイスクリームの横にちょこんとおよばれ

したかもしれない。

爽やかな飲み物に浮かんでいたかもしれない。

だけど、だけど、僕は名もない雑草で

母から名前を教わったかもしれないが

懸命に生きるのに名前は何の意味ももたず

ついには自分の名前も忘れてしまった。

暑い日には草取りもお休みか、、

早朝や夕方が恐ろしい。

ただ僕は一生懸命生きているだけなのに

大きくなろうとしているだけなのに、

僕が立派に育った姿を見て

ここの家の人は苦々しい顔をして

僕たちを見る。

あ〜もっと長く楽しく生きていたいのに、、

3日続いた雨模様、ようやく雨も上がり

薔薇も満開に近づいた。

05A379BC-587C-4276-874D-52980A4509F4


D62019DA-3DE3-4C73-85E9-49EC704D74E3


コレッタ↑

8AA5BAD3-FC22-403E-8612-BFC16C6C05AC


アンジェラ↑

75C20B8E-A80F-4CB4-8F6F-DE7037B89378


ルスティカーナ↑ マリアカラス↓

image

このページのトップヘ