J's diary

日々の何気ないことを覚え書き ペットのこと・家族のこと・ガーデニング ホームティーチャー・ヘルスケアに関すること等

カテゴリ: 日常

1月もはや終わりに。

今年は2月2日が節分。恵方巻も気になる

けれど、2月といえばやっぱりバレンタイン

デーのスウィーツかしら。

今気になるスウィーツは日本🇯🇵ルーツの

柚子や抹茶を使ったもの。そして、

干し柿やあんぽ柿等の柿由来のもの。

世界的にもかなり前から抹茶やゆずは

注目されてきているし、そのスウィーツには

とても興味がある。

ゆずに関してはゆず皮ピールと柚子ジャムを

作ってみた。

FullSizeRender

ゆず皮ピールはとても気にいっている。

ゆずジャムはゆず茶にしても美味しい。

IMG_6537

これから抹茶のテリーヌなんかを

作ってみたい。 楽しみ〜

バレンタイン用には無印の

チョコキットを購入したので

生徒達にはそちらをあげる予定。

手抜きかもしれないかも

ラッピング袋などがついているので

便利なんだよな。

5

IMG_6560

メジロが庭にやってくる。 また、

ヒヨドリも自分の縄張りエリアにしている。

西側に何本か生えている南天、12月には

赤い実を沢山付けていたのに、年明けて

昨日見たら一つ残らずヒヨドリ(おそらく)

に食べられなくなっていた。

 鳥が南天の実を食べても平気なのかなと

気になったけれど、南天の実はのど飴の

成分としても使われるそうなので

大丈夫のようだ。

 寒い冬、鳥にとって生きていくには

赤い実等を食べないとダメなんだろう。

調べると赤い実でも千両→南天→ピラカンサ

の順に食べるようだ。

娘時代の家にはピラカンサがあった。

びっくりするくらい赤い実をつけていた。

千両はお正月花にはつきものけれど

植栽には記憶がない。

暖かい地域に生育するそうだ。

 ヒヨドリは南天の実も食べれるし

頑強な感じ、メジロ達にミカンを

あげたくて ネットで調べたこんな形の

餌やりを作って庭木に吊るした。

IMG_6546

その後メジロはヒヨドリ等の鳥には

警戒するけれど、意外に警戒心の薄い

小鳥だということがわかる。

それが一番上のウッドデッキ上のテーブル

にミカンを置いたら結構長いこと

つついていた。メジロは2羽、ヒヨドリは

一羽来ている。

小鳥達(野鳥)はこの寒い中どこで寝るのか

気になる。どうやらきちんと食べてさえ

いれば身を寄せ合って風を避けて

夜も過ごすようだ。

そして朝も早起きで食べ物を探すそう。

 南天の実を守るには防虫ネットを

張るしかないかもしれない。でも寒い冬

食べ物もそんなにない中、南天の実は

鳥達にあげてもいいかなと思う。

 ブルーベリー 🫐の実は鳥達から

守る為ネットをかけたけど、、




5
おにぎり一つがリクエストなので

IMG_6367

↑大根と柿の甘酢サラダ

IMG_6400

+お稲荷さん


IMG_6403

↑蓮根とサツマイモの炒め物、焼き椎茸

IMG_6466

↑カボチャとサツマイモ、本しめじの
 サラダ

あとはお安いキャベツの消費に

キャベツと豚バラのミルフィーユ

FullSizeRender


ロールキャベツ


IMG_6410

5
 Christmas Eveにレッスンを終え 後は

新年を迎える準備のみ。大掃除ならぬ小掃除

をやっている。1階のリビング、ダイニング、

和室の窓掃除🪟🧼、網戸も拭いて、

レースカーテンと厚地カーテンも洗った。

リビングの大きな窓がキレイになり

すっきりした。 少し前に庭の剪定を

してもらったのでパッキリ見える窓から

さっぱりした庭木を見ると爽やかな気持ち

になる。 後は2階の最低限の掃除をして

1階の床掃除機がけし、できる範囲での

ワックスがけが残っている。これが大変。

 子供達が小学生の頃は家族総出で全ての

フローリングのワックスがけをしてました。

ソファやテーブルも全部移動させて。

お昼はケンタッキーチキンを皆んなで

食べて頑張ったよな〜遠い目、、

今や私一人でできる範囲でやってる。

頑張ってる自分が好きだ!

あとまだ年賀状が残ってるんだよな。

どうしよう。頑張らなくっちゃ!

IMG_6388


残っていた秋バラ🌹色が鮮やかでキレイ。

植木屋さんが庭木剪定したので今はもう

ありません。

5
明日はお彼岸、私の父と母が眠っている墓に

参った。小さな墓だけれど、気持ちのよい

明るくてなだらかな丘のメモリアルガーデン。

車なら一時間かからないのだけど、今回は

電車とバスで出かけた。ちょっとした

小旅行という感じ。

もっと頻繁に来てあげたいのだけど

ごめんね🙏お父さんお母さん。

image

image

このページのトップヘ