J's diary

日々の何気ないことを覚え書き ペットのこと・家族のこと・ガーデニング ホームティーチャー・ヘルスケアに関すること等

カテゴリ: 日常

  先週出かけた京都、外国人だらけ、、と

言われる。私は朝早く錦市場に京都のお漬物

しば漬け、ちりめん山椒を買っただけで

観光名所には行かなかったのであまり感じ

なかったけれど、友達が先斗町が外国人で

いっぱいでびっくりしたと言っていた。

TV番組で従来の「一見さんお断り」の花街

先斗町だけではない気軽に入れるお店が

できているのを知りなるほどね〜と思った。

昔は粋な大人しか行かない、細い小路で

混雑とは無縁の場所だったから。 花街と

いえば祇園の花見小路通も同じか。

今回は京都駅と烏丸今出川

IMG_2585
IMG_2586
IMG_2588




を地下鉄烏丸線で往復しただけで街の中を
 
歩かなかったらので見なかったけれど

  化繊(いかにもの)の着物を着て歩く外国人の

姿は??なんだかいただけない気がしている。

     京都駅が七条側から見た今の艦船の

ような建築になって、最初は違和感があった

けれど色々と仕掛けもあり夜の観光地の一つ

になっているのも納得した。

  だいたい玄関口にあるあの京都タワーが

古都京都に相応しいものか?もともと

疑問だし、、、

   それにしても観光地京都も神社⛩仏閣卍

だけではない魅力を持ち  そして常に変化

していかなければもいけないのだなあと

あらためて思った。それが魅力的であり

  続ける法則であり秘訣なのかしら。

5
渋皮煮栗🌰を作るのに鬼皮を剥くのはまだ

いいのですが、栗おこわ🌰の為に鬼皮➕

渋皮を剥くのは結構大変です。

ちょっと古いもち米の消費の為におこわ

を作りたくて栗剥き🌰頑張りました。

IMG_2576

IMG_2592

IMG_2598
↑渋皮煮第2弾  10月10日11日に作る。

今年の栗仕事これで終了にしよう、かな。


5
昨日は父の命日から丁度2年経った日、

丁度その日に三回忌の法要を行いました。

と言っても

我々夫婦に息子夫婦、娘夫婦に孫二人。

こじんまりと自宅で行いました。

禅宗、曹洞宗の道士をお迎えしての法要

です。

お経の中に父が写経に励んでいた観音経

を入れて頂き道士の後に皆で読経しました。

きっとお父様も喜んでいらっしゃいますよ。

と道士に言われました。

道士が帰られた後は仕出しの料理でお時を

頂き、みんなでおしゃべりに   孫の相手で

夕方早いうちにお開きに。

IMG_2574


私はその後届いていた栗、昨夜から水に

浸けていたのを剝きだす。

渋皮煮にするため鬼皮だけ剥くのですが

栗剥き器の調子が悪く、3分の1剥いて

後は新聞紙に包みビニール袋にいれ

チルド室へ。 剥いた栗だけは重曹使って

とりあえず渋皮煮に仕上げる。

IMG_2575


今日は京都で大学時代のクラブの同窓会。

皆還暦になる年。京都駅ビル内グランビア

ホテルの宴会場で。出席は23人と

なっていたけど皆んな大丈夫かしら?

一昨日までは台風の進路が心配で新幹線

止まっちゃうんじゃないかと気が気でなか

かったけれど。昨日も気温が上がり夏日

今日も関東30度越えとかで10月に入って

うそみたいな半袖、薄着で出かけました。

今新幹線🚄の中。さて、、皆んな元気かな?




自分のやっている教室での事。

通常のレッスン時は2階のレッスン室、

ウェイティングのソファ🛋、2階のトイレ

がパブリック。それ以外の部屋は

プライベートなので開けてはいけません。

と生徒達と約束しているのですが、

今日は1階で暗誦の発表をしました。

ご父母にも出来るだけ参観してください。

とご案内しました。

発表も終わり、ホットプレートでフレンチ

トーストを皆んなで作って食べる

お楽しみを用意しました。

お母さん達にも少しですがお皿にいれて

子供達に持っていってもらったのです。

子供達にはフレンチトーストに

キウイ🥝とバナナ🍌を添えましたが

お母さん達には果物無しで出しました。

あるお母さんが「私のにはキウイ🥝ないの?」

と子供に聞いたのです。このフレンチトースト

用にお金を集めているわけでもなく

私のサービスで提供しているのに、、

私はびっくり‼️よくそんな事が言えるなと。

また、そのお母さん、帰る少し前、

一階にはピアノ🎹が置いてあるのですが、

自分の娘に向かって「〇〇ちゃん、

ピアノ弾いて〜」と言ったのです。

無作法にも程がある。

「勝手にピアノを弾いてはいけません。

少なくとも私にピアノ弾いていいですか?

と許しをえてからでしょ。」と少し

強い口調で言いました。

このお母さんはいったいどんな教育を

受けてきたのか?と悲しくなる。

平日のレッスン時はお母さんではなく

おばあさまが送迎をしてくれている。

おばあさまはまともだと思うけれで

どうして娘を注意できないんだろう

なんだか虚しい。孫よりまず娘を

なんとかしてほしい。もう無理かなあ?
 
6CC43C64-695C-4D77-8050-705F3F09CF6A

夏の花木、家の周りの住宅地では

ピンクや白の百日紅や

白系の花が多いか?ムクゲばかり

花自体はそれぞれきれいだけれど

どうも樹形が二つとも好きになれない。

前にも書いたかもしれないけど、、、

百日紅の白バナはきれいだなあと思うも

ひねったような幹、どうも樹形が

定まらない感じ。

ムクゲの方は八手の葉のようなもの樹形。

  木化した草の類いのよう。

さあ、秋になると

夏の間、やすんでいた薔薇も

秋バラが楽しめるものもあるし、

実をつけるものもあったり

広葉樹の緑の木々も秋深くなると紅葉🍁

したりで  花ではないけれど美しい。

常緑樹ではないと落葉してしまうけど

冬になれば 、椿やさざんかが楽しめる。

春は芽吹きがきれいだが、夏過ぎて

秋、冬と木々の変化が楽しみだ。

このページのトップヘ