J's diary

日々の何気ないことを覚え書き ペットのこと・家族のこと・ガーデニング ホームティーチャー・ヘルスケアに関すること等

カテゴリ: ミュージック

5
10月7日 3連休中日の京都、、観光客で

溢れてます。

京都駅ビルに入っているグランヴィアホテル

京都の宴会室。 金葉の間にて1981年度卒団生

混声合唱団クラブの同窓会無事にお開きに

なりました。    なつかしい学生時代の

御所でのフレッシュ練習、夏合宿、回生別

合宿、演奏会などの写真等をプロジェクター

で映し出したり、今の今出川キャンパスの

様子を映し出し、その間に22名それぞれの

卒業後の38年間、そして近況報告をして

フルコースのお食事もいただきました。

IMG_2578
IMG_2579
IMG_2581

学生時代お嬢様だった友が、壮絶な人生を

送ってきたり、独身の人、二度結婚してる

人、様々でした。  38年経ってもそれぞれの

面影はあり全くわからない人はいませんでした

が、人の事は言えませんがかなりの変化を

とげている方もいました。

最後に愛唱歌であった  サリマライズ、童心賦、

夜の歌、Lo  A  Voiceをハモり、フレンドシップ

サークル(丸くなってクロスした手を繋ぐ)を

作りカレソンCollege  Song を歌いそして

Doshisha  Cheerでしめました。

その後  カラオケで駄弁り(三連休で京都 

大混雑の為店に入れず)三次会までありました。

お疲れ様でした。 楽しかったです。


9月半ばの音楽隊慰問で私が歌うのが

昭和25年 二葉百合子の代表作ともいえる

水色のワルツ。

私が歌を習っているカルチャースタジオ

メヌエットでは春と秋に老人介護施設などに

慰問コンサートに出かけます。

春は唱歌、童謡。秋は昔の歌謡曲と決まって

います。

ホームにいらっしゃる人達の年齢を考え

昭和歌謡でもかなり昔のものを歌う事に

なります。歌う私達は知らない曲ばかり。

   水色のワルツですが先に曲ができ後から

詞がついたもので、高木東六作曲で美しい

メロディーです。

   高木東六は歌謡曲が嫌いでファ、シ抜きの

歌謡曲(例えば昭和23年の憧れのハワイ航路)

を馬鹿にしていたそうです。

   ただ歌謡曲など簡単に書けると

水色のワルツの曲を作曲したそうですが、、

  あにはからんや

水色のワルツの大ヒットで晩年、一番

著作権料が入ったのは「水色のワルツ」からで

こんなことなら「もっと歌謡曲を書くんだった

。」と後悔したそうです。

人生どうなるかわからないものですね。

YouTube等で

ピアノ🎹の弾き方を見ていると

明らかに手のかたちが変わって

きていると思う。

私がピアノを習い始めた頃 は

手の形は 卵を握った時のように

丸くするというのが

当時の常識だったように思う。

中村紘子さんの手のかたちは

それだと思う。

   それがどうだろう例えば辻井伸行さん 
 
の手の形は平べったい。そんなに

丸くしなくていいって事のようだ。

   常識も変わっていくのか、

運動中水飲んだらいけないと言われた

時代も確かにあったように。

IMG_2460

 IMG_2462

  上のモーツァルトソナタアルバム2は

私が中1〜2の時使用した楽譜

50年弱前のもので定価500円となっている。

ソナタアルバム1は今のもので定価1700円。

   歌の練習ではモーツァルトのオペラのアリア

を2曲勉強している。  コミック・映画の

「ピアノの森」の中に出てくる

学生全国ピアノコンクール(小学生)の

課題曲がモーツァルトソナタk280で  

またその他にk310も出てくる。

   という事でk280とk310が気になり練習

してみている。モーツァルトピアノソナタ

k331トルコ行進曲付きは非常に有名だ。

k280はもしかしたら少し手をつけたかも

しれないがあまり記憶になく、k310は

はじめて練習する曲だ。  両方とも

聞きやすくきれいなメロディーでまさしく

モーツァルトソナタだ〜という曲だけど

k310の方はモーツァルトには珍しく

短調ではじまる。

モーツァルトのピアノ協奏曲にも気になる

ものがありそれもよく聴いている。

今モーツァルトがマイブームかな?
   

5
私が歌を習っているカルチャースタジオ  

メヌエットでは春と秋にホームや

介護施設などへ慰問に伺っています。

ボランティア、希望者で行くのですが

毎回数カ所に多く生徒達がいきます。

その為の歌ですが、

春は唱歌、童謡。 秋は歌謡曲です。

今回私が歌うのは

「水色のワルツ」です。

高木東六作曲で二葉あき子が歌ったものです

ただ音程が低いので三度上げて歌います。

様々な歌手が歌っています。

You Tubeでも小柳ルミ子、森昌子、

ちあきなおみ等の歌ったものが見えます。

鮫島有美子、安田祥子等も歌っています。

メロディーはいかにもという曲です。

施設にいる方々には昔の歌謡曲のほうが

喜ばれるようです。聞き馴染みのある

からですね。

このページのトップヘ