J's diary

日々の何気ないことを覚え書き ペットのこと・家族のこと・ガーデニング ホームティーチャー・ヘルスケアに関すること等

ミュージック

私小説…

2015.11.6time to say goodbye 衣装黒 010


↑ time to say good-bye を歌うため サラ・ブライトマンを意識した衣装


やっぱり上手くいかなかった。 だからよけいに疲れを感じるんだね〜

昨日から、いや一昨日のマンツーマンレッスンのあの子マスクして

セキしてたし、昨日は父の為に病院に行かなければならなかった〜

昨夜の中2生4人のレッスンが終わって、疲れてのどに違和感、

あ〜これでは明日声がでない。  あまりに疲れて風呂にも

入らず寝てしまう。 早く寝過ぎたせいか2時過ぎに目が覚め、

シンクの洗い物だけそっと洗い、○ソジンでうがいをして

再び寝ようとしたがなかなか寝られず うつらうつらしただけで

6時に起きた。  歌うのは午後2時〜だけど声帯は

歌う5時間前から起きていないとよい声はでないというから〜

まあ今日はこれで頑張ろうと、夫を駅まで車で送り、

犬の散歩にでかける。 毎朝の日課を済ませ、

今日歌う曲を聴く。 まだ、声を出せる状態ではなく、

軽く朝食を取り、朝ドラを見ながら 歌う曲の歌詞を確認。

洗濯など簡単に家事を済ませ、やはり喉の状態が良くない

のを感じる。  声帯がピタっとしない感じ。

背中や腰が痛くてマッサージ機でもむ。が、やはりスッキリはしない。

贅沢だけど、風呂をたてかえしさっと風呂に入る。 洗髪してブロー

しないと髪もまとまらないし… ブローして、体をリラックスさせ、

少し声をだす。 がやはり高音がきれいに出ない。

まずいなあと思いながら、今日着る服を着て確認する。

ストッキング、 靴も一応はいて本番にむけて徐々に

気分を盛り上げていく。小さめの声で歌の確認をする。

父に早めの昼食をだし、自分も軽くうどんを食べ、

化粧して、ドレスも着て 準備を整える。

さいごにもう一度歌詞を確認して車で出発。

近くのスーパーに車を駐車 荷物を持っていつものメヌエットへ。

ホームコンサートなので、3日間 朝、昼、晩と3回に分け、各回約

20名づつ歌う(ピアノ、フルートもあり)。

私は今日の午後の部では最後から2番目。

大丈夫のつもりが、あろうことかTime to say good-byeでミスする。

ピエ・イエーズは普通に歌えたが やはり、声が荒れているので

清らかな感じがでず。高音が気持ち良くでない。

あ〜失敗。残念…悔しいなあ

皆歌い終わり、お菓子とお茶が出て 皆さんと談笑。

講師の先生方のお言葉も頂戴する。

やはり、歌い込まなければ  ダメだなあと実感。

次回は、もう少し美しく心から歌えるように頑張っていきたい。

2015.11.6time to say goodbye 衣装黒 008


↑ ロングではなく長いミディ丈の黒ワンピ・・・レース部分が多くて

 黒の長めのアンダーを着ないと透けちゃう

誕生日コンサートとHalloween

今、練馬区美術館で30周年記念アルフレッド・シスレー展を行っています。

会期中の10月30日がシスレーの誕生日ということでそのバースデーコンサートが

おこなわれました。 かってにバースデーコンサートってところですが・・・・

そのバースデーコンサートに娘と行ってきました。 ふと申し込んだのが当たったので・・

今 上野では印象派モネ展をやっていますが、シスレーも印象派で

パリ近郊のセーヌ川河畔の風景を描き続けた画家・・

水辺の風景や森の風景など風景画のみを書き続けた画家・・

どちらかというと地味な画家かなあと思います。

コンサートは美術館閉館後1階のロビーでこじんまりと行われました。

ピアノとヴァイオリンのデュオのコンサートで

ピアノはとても珍しいボックスピアノで音が柔らかでした。

シスレーの生きた時期のフランスの作曲家を中心にしたプログラム

フォーレ:夢のあとに

サティー:ジュ・トゥ・ブ

ラヴェル:亡き王女のためのパヴァーヌ など  聴き馴染みのある小品で

はじまり

その後もビゼー:アラゴネーズ   マスネ:タイスの瞑想曲

そして ピアノソロで ドビュッシーのアラベスク   水の反映

メンデルスゾーンの無言歌集より「紡ぎ歌」

最後はシスレーが好きだったベートーヴェンの ヴァイオリンソナタ「春」

とても良いプログラム構成で1時間少しでしたが心から楽しむことができました。

出演のピアニスト、ヴァイオリニストともに実力派でうまかったと思います。

31 028


31 027



そして今日31日はHalloween 今年は当日午後 Halloween Partyを

おこないました。 gameも毎年いろいろ考え変えて行います。 そして

最後trick or treatをおこないました。 仮装も楽しく最後は

皆で仮装して玄関で写真を撮ってお開きになりました。

BlogPaint

ひとりおじさんが混じってます・・・・


秋の一日 二人のミューズのコンサート

image


↑ 公園の色づいた柿の葉

24 森麻季、仲道郁代コンサートちらし 003


↑ 公演のちらし


  気持ちの良い秋の一日 地元のホールでソプラノの森麻季さんとピアニスト仲道郁代さんの

デュオコンサートがありました。 ユーフォリアさんと行ってきました。

 演目がとても親しみのあるものばかりで聴きやすかったしお二人の素晴らしい演奏に酔いしれました。

森麻季さんのグノー「ファウスト」より宝石の歌ではじまり

仲道さんのショパンの小品 華麗なる大円舞曲 子犬のワルツ ワルツ嬰ハ短調があり

森さんのヘンデル リナルド「涙の流るままに」など

そして仲道さんの ショパン 幻想即興曲

森さんの シュトラウス 「こうもり」より 伯爵様、あなたのようなお方はと続きました。

 インターミッション後は

森さんの日本語の歌 山田耕作の 「からたちの花」「赤とんぼ」など

そして仲道さんの ショパンノクターン 作品20番嬰ハ短調と続き

森さんの NHKドラマメインテーマになった「スタンドアローン」

 東日本大震災復興支援ソング「花は咲く」

仲道さんの ショパン「軍隊ポロネーズ」 ・・・素晴らしかった

最後は森さんのグノーの「ロミオとジュリエット」 私は夢に生きたい でした。

とても良いコンサートでした。

アンコールも よく知られたイタリア歌曲
ジャンニスキッキ 「私のおじさま」など2曲でとても満足のいく

コンサート〜〜実力派でお美しいお二人のコンサートいうことなしですね、 

 

雨だれのコンサート 

BlogPaint


カルチャースタジオ メヌエットの ボーカル、ピアノ、フルートを習っている大人の個人と

グループのコンサートが終わりました。 習っている人の人数が多いので二日間にわたっての

発表会です。 私は歌を習い始めて(2か月は休学していたので)半年たらずで出場しました。

 今まで はるか昔子供時代のピアノの発表会をのぞくと、学生時代のコーラス、その後

数年〜10年に一度くらいは何らかの形で合唱に参加したことはあるのですが

今回ははじめてソロで歌う経験をしました。

 イタリア歌曲 ヘンデルのLascia ch’io pianga  「私を泣かせてください」です。

よく知られた有名な曲なので きちんと歌えるか高音部分は大丈夫かと非常に心配でした。

歌えるときは練習もしましたし、ダルセーニョ→最初に戻って2回目の部分は自分なりの

アレンジを入れられるのでそのアレンジも思ったようにできるかなどいろいろ細かいところなど

も気になっていました。

 みんな素人で歌が好きで歌を習いに来ている人達です。 まちがえても笑う人はいないし

気軽に歌えるという良さがありますがやはり本番を前にすると緊張するものです。

 ただ今回 私はあまり上がることはなくステージ上から観客の人も見えたし ステージで

一人で歌うってこんな感じなんだな~と思ったりしました。ただ力量のなさでうまくできないところは

やっぱりできないし、息が足りなくて変なところでブレスを入れてしまったりと反省点は

いろいろあるけれど 最後の上のaの音も何とか出たし まあこんなもんかな〜と思いました。

 夫がスマホのビデオで撮ってくれたはずなのが撮れていなくて 実際どういう風に歌えたか

わからないのでDVDができたら購入したいと思っています。

 その後 ユーフォリアさんがボイスメモで録音してくださっていたのを聞かせてもらいました。 

 先生からの講評もおおむね良くてほっとしています。  これからの課題は すべての

母音できれいに響かせる事です。 

えっこれを着て・・・?

ドレス 007


 1ヶ月後このドレスを着て「私を泣かせてください」 Lascia  ch'io piangaを歌う予定です。

ラインで写真をみせたら 娘からは派手〜と言われたけれど 

先生からは好きなものを着て歌ってねといわれたので

衣装負けは承知で楽〇で購入しました。

 上を見ればきりないでしょうけれど 所詮主婦の歌のお稽古の発表会です。

街着のワンピースを買うよりずっと安く買うことができますね。 〇千円からあるとは

聞いていたのですが さすがにあんまり安いのは年齢もあるし???かなっと思って

こんなワインレッドのドレスにしました。

 娘のピアノの発表会のドレス(ワンピース)をどうするか?と思案した以来のドレス選び

最初はワンピースでもいいかな〜と思ったのですが、 それなりのホールなので

TPOも考えてロングドレスにすることにしました。

 コーラスの時は上が白ブラウスに下は黒ロングスカートが定番だったのでこんなふうに

自分の衣装を選ぶなんて楽しいな〜と思いました。・・・歳の事は忘れて

 衣装は決まったから後は練習ですけど〜

30分以上発声練習してからじゃないと声がでない私ですが本番って自分で

声出しするのかな〜? わからないことだらけです・・・

 楽しみなような恐ろしいような・・・これも新たなる経験かな〜と思って

とにかく がんばろっと
記事検索
楽天市場
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ